中性脂肪減らすために日常生活の習慣を見直しましょう!

2014年02月12日

アルコールが中性脂肪に変わるメカニズム

事務職の30代のおやじが、
1日の活動に必要とするエネルギーは2200kcal程度、
30代のお姉さんは、
1800kcal程度と言われているが、
中性脂肪というやつは、
それ以上に食べてしまった分のエネルギーが
体内に貯えられてしまうのです。

特に注意が必要なのは、
炭水化物(糖分)、脂肪、アルコールなど
エネルギーを多く含む食物です。

例えば、飲み会で
大ビン1本のビールを飲んでしまったとします。

そのビールに含まれるアルコールは、
約250kcalになります。

そしてアルコールのまま
小腸などから吸収されます。

吸収されたアルコールは肝臓で分解され、
最終的には水と二酸化炭素になって排出されます。

お酒は結構カロリーが高いのですが、
エネルギーとなるのはアルコール以外の成分になります。

アルコール自体は中性脂肪
変わるわけではないが、
アルコールが分解される際に、
脂肪の合成を進める酵素を発生させてしまうのです。

そのため、肝臓で中性脂肪の合成が進んでしまうのです。

そして、肝臓の中にある脂肪細胞の中に貯えられていくという
おそろしい結末になるのです。

posted by 中性脂肪を減らすコツを伝授 at 21:06| Comment(0) | 中性脂肪 アルコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

中性脂肪の基準値を知る

健康管理するにあたり、
中性脂肪の基準値を知ることは、
とても大切なことです。


中性脂肪は、採血をすることで、
知ることが出来ます。


中性脂肪の基準値は40〜130mg/dlです。


基本的にこの基準値以上になると、
医者から「高いですね」と言われることになります。


多少であれば食事療法や
生活習慣の改善をすることで
基準値内に戻すことが出来ますが、
150〜160mg/dl以上となってしまうと、
高脂血症と診断されますので、
定期的な病院受診や薬物治療が必要となります。


高脂血症は、
狭心症や心筋梗塞などを
発症させてしまう原因となります。


自覚症状がないため、
日頃から気を付けることが大切です。


逆に、「低い」ことも問題なのです。


低すぎることで、
甲状腺や肝臓の病気を発症してしまいます。


ですので、中性脂肪の値は、
基準値内にとどめるよう気をつけることが
とても重要です。

ラベル:中性脂肪 基準値
posted by 中性脂肪を減らすコツを伝授 at 17:03| Comment(0) | 中性脂肪 基準値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

中性脂肪を効果的に減らすサプリメントを選ぶ


中性脂肪減らすには
サプリメントを利用することも手軽で継続しやすい方法です。


本来は生活習慣を見直し、運動や食事の改善などで
中性脂肪減らすことができればいいのですが、
なかなか思うような数値まで下がらない・・・と
悩む人も少なくありません。


そのような人は
毎日の生活習慣の改善と合わせてサプリメントを利用してみましょう。


ここ数年
サプリメントの種類や効能もさまざまで
どのサプリメントを選んだらいいのか、迷う人も多いと思います。


まず、中性脂肪減らす成分が入っているかを確認しましょう。
効能を確認することは とても大事なことです。


中性脂肪に有効だと注目されている成分とは、

「EPA(エイコサペンタエン酸)」
「DHA(ドコサヘキサエン酸)」
です。


EPAやDHAは最近よく耳にする成分なので
ご存じの人もいるかもしれませんが、青魚に多く含まれている成分です。

これらは、中性脂肪を減らし
さらに脳卒中、動脈硬化、心筋梗塞などの病気を防ぐ効果があると言われています。


血液をサラサラにしてくれるEPAやDHAを
普段の食事で摂りながら
サプリメントで補うといいでしょう。

中性脂肪減らすためには
EPAやDHAを一日に400mg必要ですので
サプリメントを選ぶ際には配合量にも気を配りましょう。




楽天市場をはじめ、大手のネット通販には
サプリメントが豊富に紹介されています。
成分や配合量などをよくチェックしながら選びましょう。

また、価格ばかりに気を取られると
粗悪なサプリメントを購入することにもなりかねませんから
十分に注意をしたいものですね。



posted by 中性脂肪を減らすコツを伝授 at 11:49| Comment(0) | 中性脂肪 減らす サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

運動で中性脂肪を減らす!


中性脂肪減らすためには
食事の改善とともに、運動も欠かせません。

有酸素運動が効果的だと言われています。


というのは
有酸素運動には体内の糖質を消費し、その後中性脂肪などを
消費する仕組みになっているからです。


中性脂肪の数値が高く
減らすための運動を考えている人は
まず、ウォーキングを始めてみてはいかがでしょうか。

運動を全くやっていない人も
ウォーキングなら手軽に始めることができます。




いつもの歩行スピードよりやや速く、
25分程度のウォーキングを日課にしましょう。

そして 歩く時は両腕を大きく振って
歩幅も普段よりも大きくしましょう。


これなら無理なく息を吸ったり吐いたりと、
酸素を取り入れることができそうです。


また、20分程度のジョギングやエアロビクスなども効果を期待できそうです。
どの運動も汗ばむ程度の運動です。

有酸素運動の効果が出やすいのは
汗ばむ程度の運動だそうです。



ですから、やりすぎは禁物。
ウォーキングやジョギングなどを
毎日コツコツ続けることが大切です。

短期間で中性脂肪減らすことは難しいので、
長い目で考えましょう。

諦めてしまうと、
またもとの「中性脂肪がたまりやすい体」に戻ってしまいます。

そうならないためにも、毎日の運動を欠かさず行ないたいものです。


スイミングやサイクリングなどの運動も
中性脂肪を減らす運動として、お勧めです。


時間に余裕がある人は スイミングに通ったり、
休日はサイクリングに出かけたりしてみるのも いいかもしれません。




posted by 中性脂肪を減らすコツを伝授 at 11:35| Comment(0) | 中性脂肪 減らす 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

中性脂肪を減らすための食事で心がけること


中性脂肪減らすには
食事や運動など生活習慣の改善を心がけることが大切です。


というのは
中性脂肪の数値の上昇と生活習慣には密接な関係があり
特に
毎日の食事は、中性脂肪値を左右させるほど重要だと言えます。


では、
どのようなことに気をつければいいのか チェックしてみましょう。

・揚げ物など油分が多い食事をすることが多い
・ご飯や麺類など、炭水化物を多く摂る
・肉料理を食べることが多い
・お酒を良く飲む
・間食をよくする
・寝る前につい何か食べてしまう

中性脂肪減らすためには
以上のような事柄に気をつける必要があります。


健康診断を受けていない人も
チェック項目を調べてみましょう。

思い当たる食生活をしている人は
もしかしたら中性脂肪が高いかもしれませんよ。


掲げている項目に気をつけて食事をするだけでもOKです。
無理のない範囲で続けていくことで 
少しずつ中性脂肪減らすことができます。

さらに、
中性脂肪に減らすと言われている食材を積極的に摂りましょう。

昆布やくるみ、青魚、玉ねぎなどいろいろとあります。

玉ねぎは、
血液をサラサラにすると言われていることは ご存じかもしれませんね。

さらに、中性脂肪を減らす働きもあるので
毎日の食事に利用したいものです。


他にも、海藻類や豆類など。

つまり、バランスよい食生活をすることが
中性脂肪を減らすために大切なことだといえるでしょう。


posted by 中性脂肪を減らすコツを伝授 at 11:27| Comment(0) | 中性脂肪 減らす 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

中性脂肪が高い場合のリスクは?


中性脂肪が高い場合のリスクを考えてみました。

中性脂肪の数値が150r/dl以上だと 危険値だと言われています。

健康診断などの検査では
中性脂肪の数値が高いと、
医師から食事などの生活習慣を見直すように指示されるでしょう。


中性脂肪が高い場合の
一番のリスクとして考えられる症状は、
血液がドロドロ状態になっていきます。

これは、血液中の中性脂肪の量が多くなるためにおこります。


血液がドロドロになるということは、血管が詰まりやすくなるということです。

この状態を放置しておくと
動脈硬化や脳卒中など、命を脅かす危険があります。

中性脂肪の数値が高いと診断された人は、
ドロドロ血のリスクが高いと認識しておきましょう。


また、脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高まってきます。
これは、ドロドロ血と関係しており、血流を阻害してしまうからです。

血液の流れが悪くなると
心臓や脳にダメージを与えてしまい リスクも高まります。


最悪、血管が詰まったり破れたりして、命にかかわります。
さらに、糖尿病や脂肪肝も中性脂肪が高いとかかりやすくなります。



これらの疾患は命の危険性を伴う場合が多く
病気になると完治が難しくなります。

ですから、
健康診断などで中性脂肪が高いという結果が出た場合、
すぐに日頃の生活習慣を見直し、改善する努力が必要です。


忙しくて
最近健康診断などの検査をしていない と言う人もいると思いますが
過信しすぎず、
一度検査を行ない、健康状態を知っておくといいでしょう。








posted by 中性脂肪を減らすコツを伝授 at 15:36| Comment(0) | 中性脂肪 リスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

中性脂肪が増える原因を探ってみると・・・


中性脂肪という言葉を最近良く耳にしますが
そもそも「中性脂肪」とは何でしょうか。

また中性脂肪が増える原因はなんでしょうか。


生活習慣病の予防やがん検診などのために
人間ドックなどを受けると、
決まって言われるのが中性脂肪に関することです。


中性脂肪とは
体内にある中性脂質、リン脂質、糖脂質、ステロイドの
4種類の脂質の一種です。

この中性脂肪は、肝臓でつくられ、
摂りすぎると皮下脂肪として蓄積されてしまいます。



中性脂肪は生きていく上で
エネルギーに変わるものなので とても大切ですが
蓄積されている中性脂肪が正常範囲を超えてしまうと
体の不調を引き起こす原因になります。

特に、動脈硬化性疾患(狭心症、心筋梗塞、脳卒中など)を予防するためには
中性脂肪の測定は欠かせません。


検診で中性脂肪の数値が高くなってしまった場合
動脈硬化の危険性を考え、生活習慣を見直してみましょう。

見過ごして改善をしないままでいると
さまざまな不調、特に動脈硬化の症状があらわれてくるかもしれません。


まず、
中性脂肪が高くなる原因として挙げられるのが
肉類や乳製品などの脂質の多い食事をしていることです。

脂質の過剰摂取の次に考えられる原因は糖質です。
ご飯、パン、麺類などの炭水化物は、体内では糖質に変わります。
毎日食べる食品なので量を減らす意識が必要です。


体の不調が起こる前に食生活を見直し、適度な運動を心がけましょう。




posted by 中性脂肪を減らすコツを伝授 at 15:28| Comment(0) | 中性脂肪 原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。